アレクサンダー・テクニークで”ラクに自由に〇〇できる”自分になる

ラクじゃない自分、もっと自由になりたい自分に気づいたら

 

日々の仕事や趣味、生活の中でなかなか治らない”痛みやこり”をかかえた経験はありませんか?

 

舞台で緊張してしまう自分やパフォーマンスに悩みながらもこれまでと同じ考えで同じ練習を繰り返してはいませんか?

 

これまで何も考えずに出来ていたことがケガやそれ以外の原因で出来なくなってしまい、それまでどんな風にやっていたのかわからなくなったことはありませんか?

 

痛みやコリだけではなく、パフォーマンスや動きの改善、ついては心の課題にさえも根本的な解決ができたとしたら・・・

 

しかもそれが今後何度起こっても、その都度自分自身で、しかも素早く解決出来るようになるとしたら・・・

 

レッスンで学べるのは、そんな自分になる方法です!

  • レッスンは、これまで学校で身についた”教わる”、ではなく ”自ら学びとる”手法。
  • そして、今まで無意識にやってしまっていたクセや習慣を「やめる」という”ひき算”のやり方を学んでいきます。 
  • レッスン後はすぐに自分の生活のあらゆる場面で使って試すことが出来ます。

 

”自分をラクに自由に〇〇できる”自分になる

  • 〇〇は、なんでも自由に選べます!
  • 自分の望みを入れてみてください、それがレッスンの題材!
      -踊り、歌、家事、子育て、歩く、座る、走るetcetc...
  • 私がこれまでレッスンさせていただいた生徒さんの希望は多種多様!
    ダンス(バレエ、コンテンポラリー、ジャズダンス、社交ダンス、フラダンス)、楽器(バイオリン、ピアノ、チェロ...)、歌、PC仕事、話す、読む、聴く、歩く、座る、肩こり、腰痛、入院治療後のリハビリ、、etcetc...

 

<自分で自分を変化・改善できるようになるためのレッスンの特徴>
 ☆オープンクエスチョン
 最初はご自身のクセや動きに関する悩み、これが出来るようになりたいという望みを伺いながらゆっくりと丁寧に進めて行きます。
レッスンが進むと、「(今の動きは)どうでしたか?」というオープンクエスチョンを私は意識的に取り入れはじめます。どのような発見、感想、疑問など何でも言うことができます。

わからない、という感想ももちろんウエルカム!

 

☆ハンズオン
レッスンではハンズオンと呼ばれる軽く繊細なタッチをしていきます。(上記写真)

フェザータッチとも呼ばれています。

私の手は全身のコーディネーションを整えるサポートの役割をします。

初心者はレッスンの多くの時間でハンズオンによるサポートを受けますが、学びが進むにつれて自分でコーディネーションを整えることが出来るようになると、私のハンズオンが必要ないケースも現れ、日常生活で自分自身でアレクサンダー・テクニークを使えるようになっていきます。